見落とせない歯に関する外科的矯正って・・・?基礎知識。

外科矯正の基礎知識

外科的矯正って・・・?

矯正歯科にも様々な治療法があります。本サイトではその中でも「外科的矯正」に関して説明します。外科矯正治療とは、一般矯正治療単独ではだけでは十分な噛み合わせを確立することが困難な場合に、外科的手術を併用する矯正治療をおこなうことで、噛み合わせのみならず、顔貌の改善も可能とする治療方法のことです。成長期の子供までであれば、まだあごの骨格や、歯の形が固定されていないため、一般矯正で治療が可能な場合が多いです。しかし、成人になり、ある程度骨格が固定されてしまうと、一般矯正での治療に限界が出てきてしまいます。そういった場合に外科治療を行います。また、最新の研究では睡眠時無呼吸障害に対しての疾患の改善も報告されています。具体的な臨床症状としては、以下のものがあげられます。
・前歯でものが噛み切れない(開咬)
・顎がシャクレテいる(反対咬合)
・下顎が小さい出歯 (上顎前突)
・睡眠時無呼吸障害 (いびき等)
これらを改善するためには外科矯正治療が必要となることが多いです。治療は一般矯正とは違いメスを入れるものなので、治療方法・期間・金額などことなってきます。本サイトではそんな外科治療を具体的に説明していきます。

専門的な基礎知識を一覧形式でライティングしています。